fbpx

残りのお餅で、大人の晩御飯 ~餅の豚肉巻き~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, ,

二月も半ばを過ぎると、正月は遠い過去のこと、すっかり落ち着いた日常生活。
そんな頃、冷蔵庫を開けてみると、片隅に置かれた ”あれ” に気づいたりします。
正月料理の残りのお餅。
冷蔵庫の隅っこで保存されたまま、なかなか消費されないお餅。気になってしまったら、食べましょう!!

家呑み属としては考えました。餅を肴に、酒を呑むには、調理しようか。
磯辺焼き、あんころ餅、雑煮… 簡単に調理できて、酒飲んでウマ~って感じになりたい。
そこで、思いついたのが、『餅の豚肉巻き』。餅で空腹を満たしつつ、肉の濃厚な味×日本酒で ”ぷは~” っと大人の晩御飯と行きましょう。

日本酒選び

大七酒造 : 大七 純米 生酛(きもと)
生酛(きもと)造りで有名な大七酒造、定番の銘柄。
日本名門酒会のサイトには、『お燗にして美味しい東の横綱。燗してさらに開く、熟成して豊かなコクと旨み』とあります。


まろやかで、うま味がしっかりした純米酒。四季を通してこのお酒が供給されているので、食中酒としてお酒が欲しいときには、調達しやすい安定の一本です!
製造年月 2015.12
原料米  米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合  麹米65%・掛米69%(扁平精米)
アルコール  15度

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

残りのお餅で、大人の晩御飯 ~餅の豚肉巻き~

餅の豚肉巻きは、味は甘辛醤油のしっかり味。
お餅は、とろけるようにやんわりとなり、噛むと大葉・豚肉と丁度よく混ざり合う。少し冷めてきた方が、美味しく食べられます。

餅の豚肉巻きを食べ、純米酒を一口飲む。文句なく、繰り返したくなる良い取り合わせ。
やさしい味わいのお酒が、お肉の後味と相まって、ふわ~んと口中にうま味を広げる感じです。料理とお酒を交互つまむと、カラダも暖まって幸せ~。
空腹も満たされ、身体も癒されるといった感じの良い晩御飯になります。

 

料理レシピ

材料 :

豚切り落とし肩ロース 300g
切り餅 6個 (残り物)
大葉   適量(餅の数に合わせて)
ごま油  大さじ1
酒    大さじ1/2
醤油   大さじ1/2
みりん  大さじ1/2

作り方:

  1. 大葉は洗い、水気を切っておく
  2. 餅は半分の大きさに、豚肉は餅が巻ける程度の大きさに切る
  3. 餅(2.)を大葉と豚肉で巻く
  4. フライパンにごま油を入れて火にかけ、油が温まったところで豚肉巻き(3.)を入れる
  5. 菜箸で転がしながら、表面に軽く焦げ目がつく程度まで焼く
  6. 焼けたところで酒を全体に振りかけ、最後に醤油とみりんをさっと回し入れ、全体に馴染ませたら完成