fbpx

鯛とアサリのオーブン焼きで、ワイワイ呑む

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, , , , ,

弥生・三月、これから桃や桜 etc.美しい花が咲き誇る季節。ウキウキしてきます!そして、日本の三月は、卒業式など新しい門出を祝う季節ですね。

お祝いといえば ”鯛” ですよ、やっぱり尾頭付きの鯛で日本酒をきゅーっと呑むのもよいですが、ゆる~っと家呑みのアテには、ちょっと格式高いかな?
もう少しカジュアルな雰囲気で、いまどきのお祝いパーティ用に。鯛を切り身にしてアサリと一緒にオーブン焼きにしてみました。切り身にしたところで、”めでたい” の鯛である事には変わりない。

春が旬の鯛とアサリ。旬のモノで祝の席を、皆でワイワイ美味しく食べましょう。
そしてまずは、日本酒で乾杯!

日本酒選び

小嶋総本店 : 東光 純米まろやか
このお酒の説明は、すべてラベルに!

このお酒は 純米 と言い、米と水だけで造りました。
味わいは まろやか です。
米の旨味を生かした優しいのど越しのお酒です。冷やして飲んでも、温めて飲んでも幅広くお楽しみいただけます。このお酒で食事の最初から最後まで色々な楽しみ方が出来ます。

はい、味わいはその通りでした(笑)
価格もリーズナブルだし、入手しやすいし。普段飲みにとっても便利な一本です。

原料米 山形県産米
精米歩合  60%
アルコール  15度以上16度未満
日本酒度  +4
酸度  1.4
アミノ酸  +4
酵母  山形酵母

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

鯛とアサリのオーブン焼きで、ワイワイ呑む

鯛・アサリ・じゃがいも・ブロッコリー と多彩な具材に、ハーブの効いた塩をふったシンプルな味付け。オーブンの中で焼くうちに、魚介のうま味がジンワリ染みだし、野菜の水分とオリーブオイルが混ざり合ってこの料理の味が完成。
一口ずつ、摘まんだ具材によって、食感も味も異なるので、仲間とワイワイ話しながら食べるのに丁度良い料理です。

オリーブオイルと日本酒の相性がよいのか、もともと口当たりよく飲みやすいお酒が、さらにスイっと飲みやすく感じる。
アサリをコツコツ食べながら、酒をちょびっと飲んでも、貝の味が口に広がり美味しい。どの具材とも良い相性だが、なかでもお酒と一緒の方が鯛の良さがひきたちます。

常温の酒にも良く合うし、ぬる燗ならば油を洗い流してより後味すっきり。お酒を冷にするか、燗にするかはお好みですね。

 

料理レシピ

材料 :

鯛(どんな種類でも可) 2~3切れ
アサリ:     1パック
ジャガイモ    2個
玉ねぎ      1個
ブロッコリー   1個
ミニトマト    1パック
にんにく     3片
オリーブオイル  適量
クレイジーソルト 適量
ローズマリー   適量

作り方:

  1. (事前に)アサリは半日くらい塩水につけて砂抜きしておく
  2. 鯛を一口大に、ジャガイモ、玉ねぎ、ブロッコリーを食べやすい大きさに切る
  3. シリコンスチーマーでジャガイモとブロッコリーをレンジ600Wで3分加熱する
  4. 耐熱皿に鯛、アサリ、ジャガイモ、玉ねぎ、スライスしたにんにくを入れ、オリーブオイルと、クレイジーソルトを適量かけ、ローズマリーを乗せる
  5. オーブンを250度に予熱したのち、耐熱皿に詰めた具材(4.)を20分焼く
  6. 途中10分程焼いたところで、ブロッコリーとミニトマトを入れ、残り10分焼いたら完成