fbpx

冬に大活躍なお野菜でほっこり ~白菜ベーコン煮~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:,

白菜は冬場の食卓には欠かせない食材。お鍋に、漬物に、炒め物にと大活躍なお野菜です。
精進料理では大根・豆腐と並んで「冬の三宝」と言われています。 体に良い栄養素がバランスよく含まれ、不老長寿の薬膳に使われていたのだとか。それは、栄養価すごそう…?

ところが、白菜の成分はその大半が水分。ということは逆に言えば、白菜は低カロリーなのです。なんと、キノコ以上の超低カロリー。カロリーを気にする現代人には、安心して沢山食べられる逸品ではないですか。

今夜はシンプルに、白菜をベーコンと一緒に煮込んでいただきましょう。
水を加えず、白菜から出た煮汁もしっかりいただいて、ほっこり一杯といきましょう。

日本酒選び

嘉美心酒造 : 嘉美心 旨口 ひやおろし 特別純米原酒・生詰
甘口蔵を名乗る酒蔵さんの純米酒。ラベルにも書かれた「旨口」、きっと夏を超えて熟成したうま味を蓄えていることでしょう。

蔵元のコメントにも、 「米のエキス分をアルコールに変えずに残し、嘉美心らしい米本来の旨さを表現した旨口酒に仕上げました。」 とあります。
フルーティな甘い香であるのに、しっかりうま味のあるお酒。
原酒ではありますが、アルコール度は普通程度の16~16.9度。やや冷やして単品でも、ジューシーで美味しいです。

製造年度 2015BY
原料米 岡山県産 アケボノ
精米歩合 麹米58% 掛米58%
アルコール  16.0~16.9度
日本酒度  -7
酸度  1.65
酵母 きょうかい 701号

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

冬に大活躍なお野菜でほっこり ~白菜ベーコン煮~

湯気の立ち上る白菜ベーコン煮。寒い日の夕食、ほっこりと幸せな気分になります。
柔らかな塩味の白菜。ベーコンの脂っこさは、熱で溶けだしジューシーな汁気に。白菜を摘み、その味にじんわり浸る。

ひとしきり料理を楽しんだところで、旨口のお酒を一杯。

ん、ん…??
お酒については、料理を食べる前の方が美味しい。熟成期間をおいてトロッとした濃厚な味わいは、一杯目は「お?!」と思わせます。 だが、食事と交互に繰り返し飲むと、徐々に飽きがやってくる。これは、如何に?

白菜ベーコンの出汁をすすり、合間に時々お酒を飲む。
飲み過ぎを押えられ、意外とよい晩酌のセットかもしれません。

 

料理レシピ

材料 :

白菜 1/4個
ベーコン 160g
コンソメ粉末 小さじ2
塩・コショウ 適宜

作り方:

  1. 白菜は8~10cm程度にざっくり、ベーコンも5cm程度に切る
  2. 蓋のシッカリしまる鍋に、白菜の芯を下の方に、葉を上にして入れる
  3. 2.の上に、ベーコンをまんべんなく散らして入れる
  4. 鍋の蓋をしめて、白菜・ベーコンを蒸し煮にする
  5. 白菜がしんなりしてきたところで、コンソメを加え、塩・コショウで味を調える