fbpx

シャキシャキ餃子でくぴっと一杯 ~春キャベツの餃子~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:,

春ですね~。少し薄手の上着を羽織って、散歩にでも出かけましょう!
七十二候の末候には、菜虫化蝶(なむしちょうとなす)とあります。この季節 ”菜虫” ときくと、キャベツを思い浮かべます。
ひろ~い畑を散歩すれば、フリルのような可愛らしい外葉をまとった春キャベツのコロコロと。 遠くの方は、春霞がかかってぼんやり… 冬に丸まっていた背筋を、ぐ~んと伸ばして春を感じましょうよ。

今日は、柔らかな春キャベツを使って、餃子でも作りましょうか。
キャベツ増量したたっぷり野菜の餃子には、どんな日本酒が良いですかね。餃子作りながら、考えましょう♪

日本酒選び

杉井酒造 : 杉錦 生酛純米ひやおろし
お酒のチョイスは、餃子に引けをとらないような食中向きのお酒にしましょう。
この酒蔵のお酒、昨年とびぬけて酸味の高い面白いもの呑みました。今回のお酒は、昨年(2016BY)のひやおろし。 蔵元のHPでは「オーソドックスな純米酒の味わい」と書かれているこのお酒は、どんなお味でしょう...
原料米 麹米 誉富士
ありちのかおり
精米歩合 70%
酵母 協会701号
アルコール 15度

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

シャキシャキ餃子でくぴっと一杯 ~春キャベツの餃子~

キャベツとニラがたっぷり入った餃子に、柚子胡椒のピリ辛を効かせる。
お酒の酸味と良いバランス。餃子の脂っこさはお酒がおさえ、皮の焦げ目がお酒の甘味を引き出します。
餃子にビールの定番の組合せも良いけれど… お腹が膨れることなく、なが~く食べられるのが日本酒の良いところ。 春キャベツのシャキシャキ感を楽しみつつ、お酢、辣油、柚子胡椒など、ツケたれの変化でも日本酒の味わいが変わって楽しい組み合わせです。

料理レシピ

材料 :

餃子の皮  40~50枚
<タネ>
豚ひき肉 150g
春キャベツ 1/2個 , ニラ 1束 白ネギ 1/2本 , 生姜 1片
<豚ひき肉の下味>
 酒 大さじ1
 塩・コショウ 少々
 しょうゆ 小さじ1
 ゴマ油小さじ2
<水溶き粉>
 片栗粉 小さじ1/2
 小麦粉 小さじ1/2
 水 100ml

作り方:

  1. 豚ひき肉をボウルに入れ、<豚ひき肉の下味>の材料を加えてよく混ぜ合わせる
  2. 春キャベツは粗いみじん切りにして塩をかるく全体にまぶし、水気が出てきたらしっかり水気を絞る
  3. 白ネギ、ニラ、生姜もみじん切りにする
  4. タネ(1. 2. 3.)をボールに入れ、よく混ぜ合わせる
  5. 手のひらに餃子の皮をのせ、4.を真ん中にのせ餃子に皮ので包む
    (皮は縁に水を薄く付け、ひだをとりながら形を整え包む)
  6. フライパンに油をひき強火にかけ、餃子の適量を間隔をとりながら並べる
  7. 焼き色が軽くついたら<水溶き粉>を加え、フライパンの蓋をして中火で焼く
  8. 水分がほとんどなくったところで、油全体に軽く加えパリッと焼き上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。