fbpx

お家居酒屋、夏のお通し ~枝豆とチーズのオリーブオイル漬け~

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, ,

夏のおつまみ定番、枝豆。
枝豆は大豆が熟す前のもの。豆と野菜の両方の特徴を持ち、栄養価も高い食材です。
その中でもチェックしたい栄養素は、枝豆のたんぱく質に含まれるメチオニン。これには、アルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける作用があるのです。また、枝豆にはカリウムも豊富に含まれ、体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果的だという事です。
なんと、お酒のつまみに枝豆は、栄養面でも最適ではないですか!

今夜は、夏のオツマミ定番、枝豆で一杯とまいりましょう。
茹でた枝豆と小さめに切ったプロセスチーズを、オリーブオイル漬けに。味付けは、ニンニク、黒コショウと、隠し味にわさびを… ちょっぴり洋風、ちょぴり和風。
お家居酒屋のお通しに、最適な一品です。

日本酒選び

妙高酒造 : モンメル(Montmeru) ジョイ・ド・プーレ(Joie de Poulet)
ワインのようなラベルに鶏の絵、このお酒は『世界中の鶏料理に合う日本酒』がコンセプトのお酒だそうです。
軽い口当たり、少し控えめなお米の甘さ。スパイシーな香りと酸味とありますが、とても優しく食中酒向きの香味です。
冷やしてスッキリした味わいで淡泊なお料理と一緒に、常温でコクを愉しみつつしっかり味のお料理とどちらでも合わせやすそうです。
製造年度 2016BY
原料米 五百万石 
精米歩合 60%
アルコール 14.5度
日本酒度 -6
酸度 2.0
アミノ酸度 1.3

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

お家居酒屋、夏のお通し ~枝豆とチーズのオリーブオイル漬け~

枝豆とチーズのオリーブオイル漬けは、ブラックペッパーとニンニクでイタリアンっぽい味に。暑い夏には、レモンの絞り汁をかけるのもお薦めの前菜です。オイルとブラックペッパーのピリっと感が長く口内に残ります。

オリーブオイル漬けを食べた後に、ジョイ・ド・プーレを飲むと、お酒がより甘目に感じます。料理のスパイスとも丁度良く調和します。

お酒も料理も冷やしておいて、夏の宵の口にちょっと楽しむのにちょうど良い晩酌コンビです。
ただし、長時間かけて食べているとオリーブオイルの油と、お酒の甘さに少し飽きがくるかな… 

料理レシピ

材料 :

枝豆 200g
プロセスチーズ 60g
すりおろしニンニク チューブ2㎝位
☆ オリーブオイル 大さじ2
☆ コンソメ顆粒  少々
☆ 黒胡椒 適量
☆ わさび チューブ2~3㎝

作り方:

  1. 沸騰したお湯に塩を少々入れ、枝豆を茹でる。茹であがったら、皮を剥いて実だけ取り出す。
  2. プロセスチーズは、2㎝角程度に小さく切る
  3. 枝豆に、プロセスチーズ、すりおろしにんにく他、調味料(☆)を加え混ぜる(予めオリーブオイルにコンソメ顆粒を加えて溶かしておく)
  4. 30分程度寝かせて、味をなじませたら出来上がり
※ ピリ辛がお好きな方は、黒胡椒を大目に。
※ わさびは隠し味ですが、わさびが苦手な方は入れなくても大丈夫です。