fbpx

シンプルにうま味を楽しむXmas ~蒸し鶏~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:

シャン シャン シャン♬ と音楽が鳴り響く年末。
12月の街中は右を向いても、左を見てもクリスマス。日本は、世界的に見てもクリスマスディスプレイが早い時期に行われているのだとか。根がお祭好きな民族なのかしら…
日本酒文化とは無縁そうなイベントですが、近頃では日本酒でクリスマスパーティを模様される方も多いようですね。

ということで、パーティ向きの料理と日本酒の組合せを!
搾りたてのフレッシュなお酒が出回るこの時期。シンプルな鶏のうま味が味わえる、蒸し鶏をおつまみに。冷やしたお酒をグラスにそそいで、乾杯とまいりましょう。

日本酒選び

嘉美心酒造 : 純米吟醸生酒 冬の月 あらばしり
旨口蔵・嘉美心酒造が、年末に送り出す「冬の月」。その、あらばしり部分という、まさに今だけのお酒です。
無圧搾りの純米吟醸生酒は、うっすらにごりの入った甘口。香りも爽やかな吟醸香が漂い、鼻から、口から白桃の味が広がる様な感じです。

ラベルのように冬の空に冴える三日月の望みながら、単品でもじっくり味わいたいものです。少し冷やして、サラダや淡白な味付けの前菜と楽しみたいお酒ですね。

製造年度 2017BY
原料米 アキヒカリ(岡山県産)
精米歩合  58%
アルコール  16度以上 17度未満
酵母  白桃酵母

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

シンプルにうま味を楽しむXmas ~蒸し鶏~

ジューシーな鶏むね肉には、じんわりと塩気が染み、なにもつけずに、そのままでも美味しいお料理。お好みで、フルーツソースや、サルサソースなどで変化をつけても楽しめます。

シンプルな蒸し鶏には、スッキリ飲みやすい日本酒よりも、ほんのり甘目の旨口日本酒が、良く合います。
お酒のうま味が鶏肉でより引き出され、常温では少し苦めに感じるお酒の若々しさも、料理によって抑えられる感じです。

炭酸ガスの残る、シュワ酒とも合いますし、日本酒パーティには便利な料理と言えそうです。

 

料理レシピ

材料 :

鶏むね肉 400g
★ 酒 小さじ4~5
★ 塩 大さじ1/2
★ 砂糖 少々

作り方:

  1. 鶏肉は、数か所フォークで刺して穴をあけておき、★印の調味料を全体に振りかけ、揉みこんでおく
  2. 鶏肉(1.)の形を平らに整えながら、全体をラップでぴったりと二重にくるむ
  3. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら鶏肉(2.)の皮目を下にして入れ、中火で5分程度ゆでる
  4. 火を止めて、アルミホイル等で落し蓋をしたら、鍋の蓋をしめて完全に冷めるまで置いておく
  5. 冷めたところで鶏肉を取り出し、切り分けたら完成