fbpx

お餅もいいけどカレーもね? ~カレー餅春巻き~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, ,

すっかりお正月気分が抜け去ったころ、1月11日が鏡開きの日(地方によって異なることもあり)
鏡開きには、年神様にお供えした鏡餅を割って食べます。お供えをおろして食べる慣習は、これは神人共食(しんじんきょうしょく)の儀礼のひとつ。今年の無病息災を祈りつつ、お汁粉などにお餅を入れて美味しくいただきます。

しかし… 鏡開きが過ぎるとたくさんのお餅が冷蔵庫に…
お餅ばかり食べ続けるのは飽きたし、黴させるのは勿体ない。
毎年この時期訪れる、悩みです。ちょちょっと食べ方を工夫して、お酒のアテとして美味しくいただいておきましょう。

日本酒選び

杉井酒造 : 杉錦 玉栄 山廃純米
蔵元さんのホームページでとても詳しい味の説明があるので、そのまま転載させていただきます。

9月より1.8㍑、0.72㍑とも2015BYの出荷になりました。原料米の玉栄は山田錦や五百万石とくらべ味の濃い酒ができます。新酒よりも熟成してから味わいに深みが出て本領を発揮する米です。室温で夏を越しましたが、9月の段階ではまだ酒質はわかめです。
2015BYは全般に米の溶ける年でしたが、玉栄は山田錦などと比べると溶けにくい米質で粕は40%ほどでて、日本酒度は+10まで切れました。酸は少なめで製品で1.6程度です。日本酒度のわりには甘味を感じます。玉栄特有の味の濃さがあります。
 (転載元は、こちら 2018.1 現在)

落ち着いた乳酸が甘目に感じる優しい味わいのお酒です。少し温めて、食中酒として色々な料理と合せて楽しめます。

製造年度 2015BY
原料米 滋賀県産 玉栄  100% 
精米歩合  65% 
アルコール  15度以上、16度未満
日本酒度  +10
酸度  1.6
酵母  協会7号

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

お餅もいいけどカレーもね? ~カレー餅春巻き~

お餅とカレー、とろけるチーズを春巻きの皮で巻いて焼くだけ。シンプルなレシピですが、がっつり食べでがあります。
味はカレーによりますが、チーズとお餅によって少しマイルドな味わいに仕上がっています。

春巻きをぐいっと一口食べた後に、お酒をクイッと飲む。
すると… カレーの脂っこさ、辛さが、お酒の甘味でさらにマイルドに感じます。乳酸が強めの山廃などを合せると、その馴染み具合はベリーグッド!

熱々でなくとも、カレーパン感覚で美味しく食べられますので、ゆっくりと飲みながら食べられます。

 

料理レシピ

材料 :

切り餅  2個
春巻きの皮 8枚
カレー   180g
とろけるチーズ 50g
小麦粉     少々
オリーブオイル 適量

作り方:

  1. 切り餅を一つ4等分くらいのスティック状に切る
  2. 春巻きの皮に、餅(1.)と、カレーひとすくい分、とろけるチーズ少々を入れる
  3. 餅の周りに隙間をつくり、巻いた時に切り餅一つ分くらいの大きさになるように、春巻きの皮を巻く
    巻いた春巻きの端は、水に溶いた小麦粉を塗り剥がれないようにとじる
  4. 巻きあがった春巻き(3.)に、オリーブオイルをまんべんなく塗る
  5. 200℃に予熱したオーブンで、皮がパリッと焼きあがるまで(10分程度)焼いたら完成

※ 2.で皮を巻くときに、隙間をつくらないと、焼きあがった時に餅がふくれて、中身が皮の外に漏れてしまうので注意