fbpx

福豆でつくる家庭の味 ~ポークビーンズ~

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, , , ,

節分の豆まきに使うのは、煎り大豆。
正確には、煎り大豆を神社でお祓いした福豆を使います。
「福は内、鬼は外!」
元気に豆まきが終わったら、歳の数だけ豆を食べます。…で、残った豆は??

捨てるなんてもったいないので、福豆使って酒のお供をつくっちゃいましょう。
煎り大豆だって、一晩水に浸せば、水煮に近い状態になるのです。時間がない場合は、熱湯を使えば2~3時間で戻ります!また、少し硬めの戻し大豆も、煮込みに使えば美味しく食べられます。

そうとわかれば、日本酒に合いそうな大豆の煮込み料理を作って、一杯といきましょう。
福豆残さずいただいたら、福の神もさぞお喜びになることでしょう。

日本酒選び

神亀酒造 : 神亀純米清酒 ワンカップ
ワンカップと侮ることなかれ、しっかりした米の味わい、ふっくらと優しい口当たり、キレも良く苦みなどの嫌な後味もなくスッキリ。純米酒一筋の、神亀酒造さんらしいお酒です。
オンラインショップのコメントには「レンジで熱燗!お試し用にちょうどいい!」とあります。温度を上げ過ぎないよう気を付けて、レンジでチンすれば、厚目のガラスコップでそのまま燗酒が飲めて便利です。

食中酒にうってつけの味わい。寒い時期、鍋や、焼き物などとも合わせやすいお酒です。
 
原料米 国産米 ・ 山田錦 
精米歩合  60% 
アルコール  15〜16度未満
日本酒度  +5〜+6
酸度  1.6

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

福豆でつくる家庭の味 ~ポークビーンズ~

アメリカ料理の中で、最も家庭的なイメージのあるポーク・ビーンズは、日本の学校給食にも登場するほど馴染み深い料理です。豚肉と豆をトマトなどで煮込んだら、トマト味のシチューのようなウマウマです。

洋風な “おふくろの味” には、ワンカップを温めて一杯。
淡麗なサッパリタイプのお酒では、ポークビーンズの味に負けてしまいます。酸味の強いお酒だと、逆にトマトの酸味と喧嘩になります。シンプルでうま味のシッカリした純米酒が、この料理にはぴったりです。

 

料理レシピ

材料 :

大豆の水煮(※1)  1袋(175g)
豚バラ ブロック  250g
玉ねぎ   1個
にんじん  1本
ピーマン  2個
☆ 水   200cc
☆トマト缶  1個
☆ ケチャップ 大さじ4
☆ 醤油    大さじ1
☆ コンソメ  小さじ2
☆ すりおろしにんにく 1㎝位
☆ 砂糖    大さじ1
塩・胡椒   少々

※1 煎り豆を使う場合は、水(またはお湯)で戻して使います

作り方:

  1. にんじん、玉ねぎ、ピーマンを、大豆と同じくらいの大きさに角切りにする
  2. 豚肉は、大豆の2倍くらいの大きさに切り、塩・胡椒を全体に軽く振り、馴染ませておく
  3. 鍋に油を引き、温まったところで角切りにした野菜を入れ、中火で全体がしんなりするくらいに炒める
  4. 野菜に火が通ったところで、肉を追加してざっと火が通るまで炒める
  5. 野菜、肉ともに炒めたら、調味料すべて(☆印)を入れて全体をかき混ぜる
  6. すべての材料が入ったら、鍋の蓋をして、30~40分位弱火でコトコト煮込んで完成