fbpx

旬のグリーンピース増し増しで ~鶏モモのクリーム煮~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, , ,

春はグリーンの豆が次々登場!
絹さや・スナップエンドウ・グリーンピース… どれもエンドウ豆の仲間です。
前者二つは、まだ若いさやの状態で収穫する ”さやえんどう”。これらは、さやごと食べられ、お料理の主役級でも良く使われます。対して、グリーンピースなどは、完全に熟して豆として収穫する ”実えんどう”。豆だけを食べるので、チョコンと料理の添え物に使われることが多いですね。
今夜は、グリーンピースをた~っぷり使って晩酌の肴にいたしましょう。

生のグリーンピースは、ちょっと青臭い。これがお酒とあうのです。
さて… どんなお料理にグリーンピースを入れましょうか。豆が引き立つように、クリームスープなんてどうでしょう。白いスープにコロコロ緑が見え隠れ。丁度新緑の季節到来って感じではないですか。

日本酒選び

末廣酒造 : 伝承山廃純米 末廣
山廃酒母発祥の蔵、末廣酒造が送り出す伝統のお酒。100年以上前に確立されたその技術は、こちらの蔵の名前にちなんで嘉永式山廃造りと言われるそうです。
その伝統のお酒は、酸味と甘味がバランスよく、まろやかな味わい。長く余韻が楽しめる。酸を感じる香りも、食欲をそそります。

常温もよいが、温めると更にまろやかに。濃い味の料理や、ちょっと脂っこい料理、熱々の料理にもこのお酒がほわんと寄り添い、食中酒として安定の力を発揮してくれます。
 
原料米 米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合  60%
アルコール  15-16度
日本酒度  -0.5 - +0.5
酸度  1.4 - 1.7
酵母  協会901号

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

旬のグリーンピース増し増しで ~鶏モモのクリーム煮~

たっぷりの玉ねぎと牛乳で煮込んだ鶏ももは、肉本来のジューシーさが加わり、濃厚だけど優しい味わいに。火を止める直前に加えたグリーンピースは、奥歯のうえでプチっと噛むと、濃厚さを少し和らげる味のアクセントになっています。

山廃のお酒は50℃くらいに温めて。
鶏から溶け出した脂とミルクでこってりした口中を、すっと洗い流してくれます。その後に、お酒本来の甘さがふわっと口中に広がる。
酸高めの山廃が、温めてお米の味らしいまろやかさになり、鶏肉とじっくり混ざる。
食べ応えがしっかりあり、お酒により口の中も軽やかに食べ進みます。

 

料理レシピ

材料 :

鶏もも肉  1枚(200g位)
玉ねぎ   1個
牛乳    200㏄
グリーンピース 1パック(100g)
薄切りハム 2~3枚
バター   10g
塩・胡椒  少々
小麦粉   小さじ1

作り方:

  1. 鶏もも肉は大き目の一口大に切り、塩・胡椒を全体に軽く振って下味をつける
  2. 玉ねぎはざっくりと櫛切りにする
  3. (生の)グリーンピースは硬めに塩茹でにし、ハムは2㎝位の大きさに切っておく
  4. 鍋にバターを入れ溶かしたら、鶏もも肉(1.)、玉ねぎ(2.)を入れ、小麦粉を振ったら、焦げないようにかき混ぜながら炒める
  5. 小麦粉の粉っぽさが無くなったところで、中火にして牛乳を加え、ときどきかき混ぜながら2~3分煮込む
  6. 全体に火が通ったところで、塩胡椒を入れて味を調え、グリーンピースとハム(3.)を入れてサッと煮たら完成