fbpx

古馴染みの果実で豊饒の前祝 ~和梨ときゅうりのサラダ~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, ,

穀物や果物がたわたに稔、秋

その一番手の果物は「梨」ではないでしょうか?
夏から晩秋にかけて、品種を変えながら順番に八百屋の店先に並びます。

一般的に梨と言われている品種は、和梨。
梨は古くから日本で親しまれた果物で、なんと弥生時代の遺跡からも種子が発掘されているそうです。ということは… 奈良・平安時代からきっと御供物として神様に供えられていたはず。お酒とともに。

秋の日差しを浴びながら、梨をパパッと料理して昼飲み!
たわわに実る田んぼの金色の波を見ながら神様に乾杯。
豊饒の前祝とでもしましょうか。

日本酒選び

井上酒造 : 発泡純米酒 スウィート・ハート
梨の実の色のような薄濁りの白いお酒は、金色の富士山と、♡付きの名前、可愛らしい見た目の一本。
シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法の発泡タイプの純米酒。アルコール度数も、5.2度と低く、360mlの小瓶と、昼飲みでも飲み切りやすくて嬉しいサイズ。
お味は、リンゴの様な香りと、爽やかな酸味と豊かな甘味、キメ細かい泡が特徴。

ゆっくり食事をする時に飲むよりも、食前や乾杯酒として用いるのが最適。
ランチ時に、軽く飲みたい時にも良く、酸味の効いた味わいは、甘いながらも料理にも寄り添ってくれる絶妙なお酒です。
製造年度  2018BY 
原料米  国産米
精米歩合  70%
アルコール  5.2
日本酒度  -100
酸度   5.1

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

古馴染みの果実で豊饒の前祝 ~和梨ときゅうりのサラダ~

梨ときゅうりとジャコ?
不思議な組合わせとお思いでしょうが、この甘塩っぱい組合せが、何とも言えず絶妙な取り合わせです。梨もきゅうりも水分がほとんどなので、シャリシャリと軽いおつまみサラダという感じの料理です。

ここにぜひ、フルーツのような香・酸の効いた発泡純米酒を合せてみてください。
爽やかな喉越し、お酒の酸と旨味が、梨の味をより膨らませます。
ココではあくまでもジャコはアクセント。ジャコの出汁がサラダに染みだし、お酒ともより馴染みやすい味になります。

やや強い秋の日差しを浴びながらの昼飲みには、もってこいの取り合わせです。

料理レシピ

材料 :

梨       1個
きゅうり     1本
ちりめんじゃこ 10g
☆りんご酢   大さじ1
☆オリーブオイル 大さじ1
☆ 砂糖     大さじ1
☆ 黒胡椒    少々
塩       適量

作り方:

  1. ボールに、調味料(☆印)を入れてよく混ぜ合わせる
    (塩は、最後に味の調整に使用するのでここでは入れない)
  2. 梨は皮をむき、16等分(8等分したものを半分)程度の大きさに切り、
    きゅうりは、斜め薄切りにする
  3. 梨・きゅうり・調味料(1.) を全部ボールに入れ、混ぜ合わせたら、冷蔵庫で30分位おき馴染ませる
  4. 味がしみ込んだサラダ(3.)に、ちりめんじゃこを追加し、味が薄かったら塩を振って調整し、さらに30分冷蔵庫で寝かせたら完成