fbpx

旬がないのに、秋に食べたい? ~エリンギソテー(明太マヨソース)~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, ,

エリンギの旬は、ない!!
えっ、旬のない食材ってどういうこと??

エリンギは地中海沿岸から中央アジア地域に自生するキノコで、ヨーロッパでは古くから親しまれてきた食材。イタリア語やフランス語でも「エリンギ」と呼ばれています。
日本では自生しておらず、売られているものはすべて菌床栽培。季節を問わず、安価で安定供給されています。よって、「日本では、旬はない」というのが正解なのでしょうね。

では旬がないのに、秋に食べたいとはこれ如何に?
う~~~む。
ソテーしたエリンギをツマミながら、秋の夜長じっくり考えましょうか。

日本酒選び

西岡酒造 : 久礼 山 純米吟醸 山間米
中土佐に位置する西岡酒造。土佐の一本釣りの男たちに飲まれる酒を醸した、歴史ある蔵です。
町の名「久礼」とつけられた純米酒。その中でもこのお酒は、日本一の清流として名をはせた四万十川中流域で作られた「山間米」を原料としています。そのこだわりの米を使っていることから「山(やま)」という名前が付けられています。
さらに、このお酒は蔵の近くの洞窟で夏を越したひやおろしです。

香は抑え目、すっきりと爽やか。天然の冷蔵庫で熟成された日本酒らしい味。冷だとややアルコールのツンとくる感じがありますが、お燗にすればうま味ふっくら。秋らしく味のしっかりした温かい料理と合います。
製造年度 2017BY
原料米 西土佐産 ヒノヒカリ 100% 
精米歩合  55%
アルコール  16度以上 17度未満
日本酒度  +6
酸度  1.7

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

旬がないのに、秋に食べたい? ~エリンギソテー(明太マヨソース)~

コリコリとした焼いたエリンギは、明太マヨソースでコッテリ目な味わいに。何かしながらパクリと食べ、噛みしめながら考え事するのに丁度良い。秋の夜長向きの料理でしょう。

そこに辛口のお酒を冷で一口。
明太子のパンチに負けない、しっかりしたフルボディな純米吟醸酒。口の中がさっぱりとします。

今度は、お燗にしたお酒を一口。
明太マヨがとろけて、やや甘く感じる。エリンギにもソースがまきつき、全体の一体感が出てより美味しく食べられます。

 

料理レシピ

材料 :

エリンギ   2~3本
辛子明太子 1房
梅干し   大粒2
サラダ油  大さじ3
マヨネーズ 大さじ1

作り方:

  1. エリンギは石づきの部分を落としたら、3~5mm位の厚さで、縦に短冊に切る
  2. 梅干しは種をとり、混ぜやすいように細かくたたいておく
  3. 辛子明太子を房から搾りだし、梅干し、サラダ油、マヨネーズと混ぜ合わせる
  4. フライパンに油をひき、エリンギを両面にやや焦げ目がつく程度まで焼く
  5. エリンギに火が通ったらお皿に取り、明太マヨソース(3.)をかけたら完成