fbpx

冬にモリモリ菜っ葉を取る~春菊と豚の冬サラダ~

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, ,

秋から冬にかけて旬を向かえる『春菊』

鍋に使われることが多い春菊ですが、柔らかな葉の部分は、生のままサラダでも食べられます。
春菊には、βカロテンやビタミンC、カルシウム、鉄など、栄養素も豊富に含んでいます。しかし、風邪の季節にたくさんとりたいビタミンCは水溶性。春菊を鍋に入れたら損なわれてしまいます。生で食してこそ、その効果を余すことなく発揮してくれるのです。

今夜のあてには、春菊サラダを。
春菊のサラダをモリモリ食べて、ビタミンCを大量摂取。
秋から冬、風邪の流行る季節も、これで乗り切ろう!!

日本酒選び

本家松浦酒造場 : ナルトタイ ONTO THE TABLE 純米
可愛らしい民芸調の鯛ラベルのお酒、「ナルトタイ Onto the table」
このシリーズは、徳島県産⽶を100%使⽤し、毎⽇の⾷卓にも取り⼊れやすい味わいと価格のお酒になっています。その中でも、この純米酒は最もリーズナブル!

ポップな見た目で、パット見は日本酒らしくないありませんが、
グラスに注ぐと、控えめな麹の香りに、やや黄色みがかった透明な液体。
まごうことなく純米酒。
お味は、サラリとした口当たり、キレの良い後味。食事の邪魔をせず、そっと寄り添います。
常温で、少し冷やして、冷蔵庫に一本おいて気軽に使いたいお酒です。
製造年度  H29BY
原料米  徳島県産米 100%
精米歩合  65%
アルコール  15度以上 16度未満

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

冬にモリモリ菜っ葉を取る~春菊と豚の冬サラダ~

山盛りの春菊に、湯通しした豚肉。
それらを引き合わせるのは、ごま油。
香りが食欲をくすぐり、かるい塩味に、脂の旨みでウマウマな味。
文字通り、モリモリ食べられるサラダです。

そこにキレの良いナルトタイ純米酒を一口。
ごま油と馴染み良く、口中が落ち着き、より食欲が増す感じに。
再びサラダをモリモリ食べ、
時々お酒をくぴっと飲む。
メインの料理の前に、食卓を盛り上げてくれる名コンビです。

 

料理レシピ

材料 :

春菊     1束
豚肉薄切り  150g
ごま油    大さじ2
酢      大さじ1
醤油     大さじ1
一味唐辛子  小さじ1/2

作り方:

  1. 春菊はよく洗って、葉の部分だけ取り、食べやすい大きさにちぎる
    (根元を落として、50℃のお湯で洗うと、砂も落とせてシャキッと洗えます)
  2. 豚肉は、沸騰した湯にくぐらせて、火を通したら、5mm幅位くらいに細長く切る
  3. 春菊はよく水気を切った後、ボールに入れ、豚肉と混ぜ合わせる
  4. 酢・醤油・一味唐辛子を混ぜ(ドレッシング)、3.にかけて全体を良く混ぜる
  5. 最後に、小鍋で湯気が立つくらい熱しごま油を、全体に回しかけて完成
    (ごま油をかけた時、油が飛ぶので要注意)