fbpx

和で攻める、バレンタインデー ~梅干し入りトリュフチョコ~

日本酒産地:
日本酒TYPE:,
料理の素材:, ,

2月に入れば、デパートも商店街も、街のあちこちでチョコレートの宣伝が派手に行われています。
そう、バレンタインデー♡

本来はキリスト教の聖ウァレンティヌスにちなみ、友人・恋人など大切な人に贈り物をするという慣習。
ところが、日本では… チョコレートを贈る日に。

折角浸透しているこの習慣ですから、ここは乗っかっちゃいましょう!

日本酒好きの大切な人に、チョコととっておきのお酒のプレゼントなんていかが?
今回のチョイスは、超限定の熟成酒と手作りトリュフチョコ。
甘いチョコの香りが、一足早い春気分を運ぶかも。

日本酒選び

久保田酒造 : 相模灘 長期熟成純米吟醸 備前雄町50
久保田酒造は、神奈川県北部の山間にある酒蔵。
山と沢に挟まれた土地に、江戸時代の古民家の隣、時間が止まったような空間で、全量手造りのお酒を送り出しています。米の味わいを引出した綺麗なお酒がおおく、無濾過で瓶詰された後、冷蔵庫でひっそりと寝かされます。

そうして十年前に造られたこのお酒。備前雄町を50%まで精米した純米吟醸酒。
長きにわたり冷蔵庫で大切に寝かされていたのでしょう、時間を経ても濁りのない美しい黄金色。
熟成酒独特の枯れたような香りがほとんどなく、味わいもとても綺麗。柔らかな旨味に包まれた、純米吟醸らしい凛とした爽やかさ。飲みやすい長期熟成酒です。
製造年度   H20BY
原料米  備前雄町 100%
精米歩合  50%
アルコール  17度

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

和で攻める、バレンタインデー ~梅干し入りトリュフチョコ~

生チョコに包んだ蜂蜜入り梅干し
スイートが口いっぱいに広がったあとの甘酸っぱさがGOOD

生チョコの甘さを存分に楽しんだ後に、とっておきの長期熟成純米吟醸酒を飲む。
ふわ~ っと、チョコの香が鼻に抜け、口の中には甘さにお酒が重なり、リキュール入りボンボンショコラを食べたよう。
まるで、手作りチョコレートが、リッチなボンボンショコラにグレードアップしたような感じになります。

美味しくて2個3個とついつい手が伸びる。
プレゼント用にチョコレートを作っている場合、全部食べちゃわないように要注意です(^^)

料理レシピ

材料 :

大粒梅干し       4個
 (蜂蜜入り・低塩)
◆ガナッシュ用
ミルクチョコレート   2枚
生クリーム       50㏄
◆コーティング用
ビターチョコレート   1枚
ココアパウダー     大さじ1~2

作り方:

  1. ガナッシュ用のチョコレートと、コーティング用のチョコレートを、それぞれ細かく刻み、別々のボールに入れておく
  2. 梅干しは種を取り除き、一つを1/3づく程度に分けておく
  3. 生クリームを小鍋に入れ、沸騰直前まで中火で温めたら、がナッシュ用のチョコレートのボールに入れて混ぜ合わせる
    このとき、泡だて器を使って、チョコレートがなめらかなクリーム状になるまでシッカリ混ぜる
    (溶けきらない場合は湯煎しながら混ぜる)
  4. 混ぜ合わせたら涼しいところに置き、少し硬めになるまで冷えたら、大さじ1つ分くらいのチョコレートを取り、梅肉一つまみ(2.)を真ん中に入れたら、クッキングペーパーに並べて冷蔵庫で冷やす
  5. やや固まったガナッシュを手で丸める
  6. コーティング用のチョコレートを湯煎して溶かし、ガナッシュの周りに付ける
  7. バットにココアパウダーを入れて、コーティングチョコレートを付けたものを転がして、正面にココアがついたら完成