fbpx

カロテン豊富な畑のどじょう? ~さやいんげんのクリームチーズ和え~

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, , ,

撮影:m*****************mさん 写真ACより

さやいんげんの旬は、6~9月の夏。
種を蒔いてから2カ月後、成長した蔓に次から次へと花を咲かせ、その2週間後には青々とした実が収穫できます。

”さやいんげん” というのは、いんげん豆を若採りして鞘ごと食べられる野菜のこと。
しかし… いんげん豆というのは、マメ目マメ科インゲンマメ属の総称で、金時豆や大福豆なども、いんげん豆なんですって(*)。
一般的に、さやいんげんと言って皆さんが思いうかべるのは、細長い ”どじょういんげん” ではないでしょうか。いつ頃からそういう認知になったのでしょうね、不思議です。

さて夏の間、豊富に収穫できるさやいんげん。この栄養価はなかなか優秀!
・抗酸化作用があるβカロテン
・腸の働きを整える食物繊維
・塩分排出を助けるカリウム
美容によさそうなフレーズが並んでいるではないですか♡

今夜は、さやいんげんをツマミに一杯といきましょう。
栄養を逃さないように軽く茹でて、さてどんな調理をしてお酒に合せましょうか。

* 参考:公益財団法人 日本豆類協会 いんげんまめの説明より

日本酒選び

中野BC : 純米酒 紀伊国屋文左衛門 辛口
梅の一大産地・和歌山、様々なタイプの梅酒を送り出す酒造で造られた日本酒。
昭和になって酒造りを始めた比較的新しい蔵で、当初は焼酎を専門としていました。高度経済成長期に清酒造りも始め、いち早く社員蔵人制を導入して、清酒造りに励んだ、その成果が「紀伊国屋文左衛門」。江戸時代に名を馳せた和歌山の大商人にちなんだ酒です。

そのお味は、軽快な飲み口に反して、奥行きのある複雑な味わい。
香はとても抑え目ですが、常温になってくると麹の甘くふくよかな香りが感じられる。
夏らしくキリリと良く冷やして、サッパリとした味の料理に合わせたり、常温にして醤油や塩味のしっかりした和食に合わせるのがお薦めです。
製造年度  H30BY
原料米 麹米:山田錦 21%  
掛米:美山錦 79%
精米歩合  65%
アルコール  15度
日本酒度  +9.5
酸度/アミノ酸度  1.7 / 1.3

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

カロテン豊富な畑のどじょう? ~さやいんげんのクリームチーズ和え~

シャキっと硬めに茹でたさやいんげんに、クリームチーズの和え衣、
醤油とおかか、隠し味のからしで、和風こってりな白和えに。
食べている途中、奥歯でプチっとごまを噛むと、香りが弾けてさらに和風感が増す。

そこで、よーく冷やした純米酒をくいっと。
サラサラとお酒が流れた後に、クリームチーズの味が舌の上にやや残る。お酒の余韻と、クリームチーズの余韻が心地よい後味に。
今度は、さやいんげんを食べながら、お酒をもう一杯。
キュッキュッと噛む。鼻の奥に上がってくる青臭さを、お酒が洗い流し、落ち着いた美味しさに。お酒が溶かしたクリームチーズとの馴染みもよくなり、ここでも美味しさアップ。

手早く作れるおつまみで、キンと冷やしたお酒。
これから暑くなるシーズンに丁度良いちょい呑みセットです。

料理レシピ

材料 :

さやいんげん  70g
クリームチーズ 40g
☆ 醤油     小さじ1
☆ かつおぶし  1g
☆ いりごま(白)小さじ1
☆ 和からし   適量

作り方:

  1. いんげんは、筋・ヘタをとり、塩ひとつまみ(分量外)を入れた熱湯で、2分程度茹でる
  2. 茹でたいんげんは、ざるに上げて冷まし、半分に切る
  3. クリームチーズをボールに入れ、調味料(☆印)を入れて混ぜておく
    (クリームチーズが固い場合は、予め温めて柔らかくしておく)
    (からしの分量は、味を見ながら好みで調整)
  4. クリームチーズソース(3.)に、いんげん(2.)を入れてよく混ぜたら完成
    盛り付け時に、鰹節、白ごま(分量外)をお好みで振りかける