fbpx

春の日差しを満喫 ランチ飲み ~春キャベツのクリームペンネ~

日本酒産地:
日本酒TYPE:
料理の素材:, , ,

撮影:tak@さん 写真ACより

春の天候は変わりやすい
ずっと晴れの日が続くことは少なく「春に3日の晴れなし」と言われるほど。天気予報でいえば、「移動性高気圧」が定期的に現れるのが春型の気圧配置だそうで、大陸の高気圧がふわりふわりと日本へ運ばれてきて、周期的な天気の良い日をもたらすのです。

この周期的な天気の変化は、植物にとっても絶好の成長期。
キラキラした日差しを浴び、程よい降雨に、緑の葉を生きよよく茂らせます。

今日は、春の日差しに誘われランチ飲み。
春の日差しをたっぷり吸収したキャベツを豊富に使ったクリームペンネ。
お酒をちょいと温めて、オープンテラスで陽を浴びながら酔い気分に。

日本酒選び

西田酒造店 : 田酒 純米吟醸 百四拾 桜ラベル
青森の西田酒造店が毎年春に向けて送り出す、「百四拾 桜ラベル」
銘柄の「百四拾」という名は、酒米の系統名「青系酒140号」から名付けられたもの。140号とは、「山田錦」と青森県産の酒造好適米「華吹雪」を掛け合わせて出来あがった「華想い」のことです。吟醸酒向けに作られたこの酒米は、旨味もあり、地域ブランドとして好評なお酒を生み出しています。
(以前日本酒伝道師講座でも習いました >> 詳細はこちら

上品でかつ、穏やかにただよう吟醸香。ほど良い華やかさは、春飲みの気分を上げてくれます。
冷で香りを楽しみながら、さっぱり目の料理に合わすもよし、
ぬる燗でやさしい味わいを楽しみながら、和食に合わせるもよしです。
製造年度  令和01年BY
原料米  華想い  100%  
精米歩合  50%
アルコール  16度

※ グラフの日本酒度・酸度値は当方で計測した参考値です。

料理とお酒の相性

春の日差しを満喫 ランチ飲み ~春キャベツのクリームペンネ~

春限定のお酒に合わせるのは、春キャベツのクリームペンネ。
チーズ等の乳製品は、お酒と仲良し。中でも、乳脂肪分の高いチーズや生クリームは、日本酒ととっても相性がよいのです。

クリームペンネには、生クリームとチーズがたっぷり♪
キャベツの甘味と、クリームソースのややこってりが美味しいパスタです。

パスタだけを食べ続けると、ややしつこさを感じるかもしれません。が… 田酒のぬる燗と合わせると、こってり感をお酒が流してくれます。
そして、後に残るほわ~んと、乳製品独特の味。

風が少し冷たい春の日のオープンテラス。ショートパスタを食べながら日本酒を一杯。明るい日差しに、心も体もリフレッシュできそうなランチになりますよ。

料理レシピ

材料 :

春キャベツ     1/4個
冷凍グリーンピース 30g
ペンネ       120g
生クリーム     100cc
粉チーズ      大さじ1
塩・黒胡椒     適量
オリーブオイル   大さじ2

作り方:

  1. キャベツはざく切りにする
  2. たっぷりの湯を沸かし、塩を加えてペンネを茹でる
    (ペンネの茹で方は、袋表示を参照)
  3. ペンネが茹で上がったらザルにあげ、ゆで汁60cc程度をとっておく
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、キャベツを中火~強火で炒める
  5. キャベツがしんなりしたところで、グリーンピース、生クリームを加えて煮る
  6. フライパン(5.)にゆで汁60cc(3.)を加え入れ、塩・黒胡椒を入れる
    (塩・黒胡椒の量は、味を見ながら決める)
  7. 汁がに立ってきたら火を弱めて、1~2分煮込む
  8. 火を止めたら、茹でたペンネと粉チーズを加えて全体に絡むように混ぜたら完成