fbpx

大寒に、なに呑もう?

大寒に、なに呑もう?

一年の中で一番寒いとされる時期。
二十四節気の小寒から、立春の間を ”寒の内” と言います。 夏の暑中見舞いに対して、寒中見舞いを出すのはこの期間になります。

そして、この寒い時期が日本酒造りの最盛期。”寒造り” もしくは “寒仕込み” とも言われますね。
気温が低く発酵が進みにくいので、寒中のお酒造りは大変です。しかし、雑菌の繁殖もすくなく、酵母は活動できるギリギリの低温の方が綺麗なお酒を造るためには酔い働きをしてくれるのだとか。
冷たい雪景色など望みながら、今年も良いお酒を造ってくださる蔵の人々と、酵母クンたちに感謝・感謝です。

大寒の頃の楽しみ:料理と日本酒