fbpx

夏至に、なに呑もう?

夏至に、なに呑もう?

暦の上では夏季の真ん中、一年の中で最も昼の時間が長い頃です。

昔は、七十二候の半夏生(七月初旬)になるまでが田植えの目安とされていました。現代では、どの地方も田植えはもう少し早くに終わっているようですね。田の水張り、稲の発芽など、田植えに必要な技術が向上したことで、台風前に刈入れができるよう、より早い時期に稲を育てる傾向になったのだとか…
育てるのが難しいとされていた酒米が復刻し、量産されるようになったものこうした技術向上のおかげでしょう。
多くの人が美味しいお酒をいただける、良い時代になりました(^^)

夏至の頃の楽しみ:料理と日本酒