fbpx

寒露に、なに呑もう?

寒露に、なに呑もう?

野山の草木に冷たい露が降りる頃。
七十二候の初候では、鴻雁来(こうがんきたる)。 春・晴明の頃(四月初旬)に北方へと渡った雁が、日本へ戻ってくる頃です。 空気はヒンヤリし、露に濡れた落葉樹の葉も色づきつつあります。

実りの秋、収穫の秋がやってまいりました。
多くの地域では既に稲刈りも終わって、稲わらが田んぼに積み重なっている頃でしょうか。
ご存じのとおり、日本酒はお米で造ります。飯米(日常炊いて食べているお米)で造るものもありますが、酒造好適米と呼ばれる品種を使うことが多いようです。 その酒造好適米のなかには収穫が遅めの品種もありますから、皆さんの周りでまだ黄金色の田んぼがあったら、それは酒米かもしれません。
さあ、お米が収穫されたら、いよいよ酒造りのシーズンも始まりです!

寒露の頃の楽しみ:料理と日本酒