fbpx

穀雨に、なに呑もう?

穀雨に、なに呑もう?

春の柔らかな雨が田畑を潤し、穀物の成長を促す頃。
この時期の雨は『百穀春雨』といわれ、種を蒔くに適していおり、農事の目安にもなっています。稲作農家は、田を耕し、苗代には青々とした稲の子供が着々と育っています。

街に住む人々にも、穀雨は生活の目安になる頃です。「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉もあります。そろそろ、暖房器具や冬の衣服はお役御免、片づけて初夏を迎える準備にかかりましょう。

穀雨の頃の楽しみ:料理と日本酒