fbpx

小暑に、なに呑もう?

小暑に、なに呑もう?

梅雨が明けも近くなり、暑さが本格的になってくる頃。
暦の上では小暑・大暑の期間が ”暑中” と呼ばれます。暑中見舞いを出すのは、立秋前のこの期間なのです。

暑中見舞いの起こりは、「中元状」だとか(諸説あり)。
昔、お正月とお盆を節目の時期と考え、年賀状と中元状を贈る礼儀があったそうです。
日本の夏は蒸し暑い。体力を奪われ夏バテしたり、食物が腐りやすく食あたりしやすくなる。そんな時期だから「健勝に夏をお過ごしください」という気持ちを込めて、文章をしたためた習慣の名残なのですね。

小暑の頃の楽しみ:料理と日本酒