fbpx

処暑に、なに呑もう?

処暑に、なに呑もう?

もう、夏も終わりですね。
処暑というのは、暑さがおさまる頃という意味。朝夕には涼しい風が吹き、田んぼの稲もサワサワと揺れています。よーく稲をのぞくと、穂が出始め小さな花が咲き終わった後が… 実りの秋に向かって、稲がしっかり生長しています。

稲作農家にとっては、この時期が正念場。昔から処暑の頃には台風が多いと言われています。そして、稲にとってだけでなく、人にとっても要注意の時期です。
夏から秋へ大きく気候が変化するので、体調を崩しやすいようです。また、梅雨以上に食中毒も起こりやすいのだとか。 美味しい秋を目の前に、体調管理にはくれぐれも気を付けましょう。

処暑の頃の楽しみ:料理と日本酒