fbpx

大暑に、なに呑もう?

大暑に、なに呑もう?

一年の中でもっとも暑さが最も厳しくなる頃。
蒸し暑く寝苦しい夜が続くと体力が奪われ、体調を崩す方も増えてくるのがこの時期です。

夏バテ防止に、江戸の昔から人々は気を祓っています。
もっとよ良く知られているのが、「土用の丑」に鰻を食べること。丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を取ると夏負けしないという風習があり、栄養価の高い鰻が広まったのですね。
あまり知られていないのが、大暑の日は「天ぷらの日」。油で揚げることで食材の栄養を逃さず、疲労回復に適していることから、設定されているそうです。ただ、誰が何時決めたのかはっきりとわからず、意外と古いのでしょうか。。。
お酒のみとしては、酒の肴にもちょっと夏バテ防止には気を配りましょうね。

大暑の頃の楽しみ:料理と日本酒